かーちゃんの布団がいいのだ。

f0280898_10155573.jpg


お気に入りの私の毛布の上で、おすましの2匹であります。

好かれるのは嬉しいし、ぬくぬくと温かいけど、寝返りがうてない・・・。








↓うだうだと書きましたことにコメント頂きありがとうございました。
以前、家族全員がインフルエンザにかかり
あまり熱が出ない私が通院と食事と看病としなければならなくなり
この時も女ははずれくじだな・・・と、かなり理不尽に受け取りましたが
全体で見れば、それは持ちつ持たれつで
誰が、どーとかじゃ無いなと、冷静な時は思うのでありました。

昨日は降雪も、雨も無く、更に「止まらないで帰ってくれないか」と言う希望があり
そそくさと日帰りで戻って参りました。
自分の布団と、いつもの猫の重さに耐え、熟睡できました。
皆さんの言葉に感謝します。

もやもや振り払って、今日は母を迎えることにします。




犬、猫、いつでも里親募集中
福島県動物救護本部 
f0280898_14347.gif
[PR]
トラックバックURL : https://pbluepaper.exblog.jp/tb/21281599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 詩織 at 2014-01-16 11:54 x
ドンマイです。愚痴ってもいいですよ~。っていうか、そうして下さい。おかきさんのブログなんですし。

私も自分の親を見なければいけない年になってきたので、分かります。そりゃ姑より実の親の方が気兼ねはしませんが、その分言いたいことを言われるのでイラッとくることもありますし(苦笑) 

除雪は毎日夜中~早朝に行われているのですが、既に小さな山が出来るくらい、雪の堆積場にたまっているようです。
Commented by tarohanaazuki at 2014-01-16 12:56
猫の重さに耐えながら熟睡できるなんて、相当お疲れだ(笑)
もやもやの発散こそがブログの役割!
大いに、「もやり」ましょう(笑)
Commented by yunorikit at 2014-01-16 17:30
猫布団、気持ちよさそうですね
いいな、いいな

介護のお話、きれいごとではすまされないのが現実ですね
私も母の愚痴を聞きますが、当事者じゃないと
わからない悩みがたくさんあり、共感できたりできなかったりと
辛くなります。
モヤモヤ上等です、愚痴ってすっきりしてください

おかきさんの記事を読んでいると
冷静にきちっと、素晴らしくよくやってるらっしゃると思います
たまには、泣いて暴れてみたらどうでしょう?
ウフフ、ご家族も真っ青ですよ('ω'*)
Commented by p-bluepaper at 2014-01-17 09:23
>詩織さんへ
ドンマイ!久しぶりに聞きました。背中を包まれたような気持ちです。あったかいな。
一喜一憂しないように心掛けていますが、ふり幅を受け入れる幅が相変わらず狭いようです。ドンマイね♪
除雪は夜間作業なのですか・・・。知らない事ばかりです。
過度な積雪が無いと良いのですが・・・
今日もこちらは晴天です。雲ひとつ有りません。
Commented by p-bluepaper at 2014-01-17 09:28
>あずきのばあばさま^^/
寝ることに関しては自信あります。これは感謝すべき天からの授かりものだと思います。5秒ぐらいで寝付くときもあるそうですよ・・・(夫曰く)
先日の電車内で爆睡しまして、目を覚ましたら隣の高校生が前かがみに座っていました。寄りかかっていたみたいです。ごめんです。
Commented by p-bluepaper at 2014-01-17 09:35
>くろみさま。
泣くことは無いですね。うちの家族ビビりなんで、泣いたら逆に閉じると思います。それも困るし・・・。カラオケも苦手なので、大声出す場所を探さないとかな。声出すって良いみたいですよね。合唱とか自分が苦手とする世界を50を目前に始めてみるとか・・・。
直木賞の朝井まかてさんは、50前から文学学校に入ったそうです。目標の有る方は強いし、魅力的だなと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by p-bluepaper | 2014-01-16 10:26 | Trackback | Comments(6)

猫、草花、他


by おかき
画像一覧
更新通知を受け取る