人気ブログランキング |

距離

これ以上近づくと危ない、ナゾクロとみーちゃんの距離。


f0280898_05593204.jpg


---


子どもとの距離も間違いなく難しいです。


もういい加減、天気予報をチェックせず外出して雨で濡れてもそれは自己責任なんだろうけど
傘やカッパの心配をし、
初めて行く場所には、「車出そうか?、間に合うの?」と要求もされないのに必ずと言って良いほど声をかけ
高校生にもなればそれなりに自分で考えて動けるのに…


トラックバックURL : https://pbluepaper.exblog.jp/tb/24395839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by time2022 at 2015-08-24 07:47
子供ってそんなものですよね
子供がいないのでいつも娘目線(この年で…と言うなかれ)ですが
私も世話焼いてくれる母に甘えっぱなしでした…。◔‸◔。
他の人には少し気が使えるのにね

ミーちゃんはお母さんのとこの猫ちゃんかなと思って相関図見ようと思ったら開きませんでした
もう見れないんですか?
Commented by tarohanaazuki at 2015-08-24 08:19
それが母親でしょ?(笑)
私なんか、子供が高校生になっても、寝る時「おしっこして寝りよ」って、口癖のように言ってたよ(笑)
ある時、長男に「かあさん、俺が何歳か知っとうと?」と言われるまで、おかしいと思わなかったよ(笑)
今でも、たまに帰ってきた時、冗談で「おしっこ忘れんようにね」と言って笑ってるけど。

子供のためと思ってるけど、実は自分が安心したいだけなんだよね。
自分が安心したいから、我慢できなくてついつい口出ししちゃう気持ち、すごく良くわかる。
子離れには相当な忍耐が必要になるね。

大丈夫!
子供が勝手に親離れをしてくれるから(笑)
その時の心構えはしとかないとね!
Commented by pinyarin at 2015-08-24 08:19
うーん、私は大学生になったら、自分で勝手にアルバイトだのボランティアなどを決めてさっさと出かけていたのですが、神戸や大阪でしたので、交通網が発達していたので、車で送ろうとか言われたことが無かったですね。母は免許も持ってないので、言うとしたら「タクシーで送ろうか?」かもしれませんが、母自身、内科医として毎日診察室にいましたので、「送ろう」とも思ってくれなかったかも。
娘として、母がそこまで患者さんに尽くす姿を見ていたので、しっかりしようと思ったことも覚えてます。
私でもそうだったんですもの、おかきさんのお嬢さんならもっとしっかりされてますよ!
でも、心配するのは親の仕事。声をかけてもらうと嬉しいものだし、そんなに気にせず、ずっと心配してあげて下さい。
高校生ということは、あと数年~10年弱くらいでしょう。一緒にいられるのも。結婚しちゃったら、できないので、いのうち、ですよ。
Commented by hiipopo at 2015-08-24 09:48
(#^.^#)
私は思いっきり、子供に利用されています。クルマだしは、免許が取れて
ようやく自分で行動するようになり、、落ち着いてきましたが
(それでも時々、、いきなり利用されます)
高校は思いっきり遠くて、、、自転車ごとよく迎えに行ったのよ。
懐かしい思い出(^_^;)
Commented by p-bluepaper at 2015-08-24 14:47
> tarohanaazukiさん
もーーーーー、そうやって肯定してくれる人はなかなかいないんだよ。
嬉しいな、嬉しいな…。
甘やかすから~なるんだよって言われてるみたい(実際は言われないけど)に勝手に思ってるのね。
要らぬ心配だよね。
Commented by p-bluepaper at 2015-08-24 14:54
> pinyarinさん
たぶんね、お母様には時間が無いから詩織さんは甘えることが出来なかったのよ。
それに、お母様は心配する余裕が無い事もそう…
私もそうだったから、いろんな場面でお願いする事を諦めてた、っていうか思いもしなかったよ。
逆に心配させないように、気配りしてたな…。
今のうち…、そうだよね。ありがとう。
Commented by p-bluepaper at 2015-08-24 14:57
> hiipopoさん
お疲れ様…、送り迎えの貯蓄しておかないと!!
自分が運転できなくなった時、助けてもらうのよ。
あの時、送り迎えしたでしょう…って。
私も免許返上したら乗せてもらうんだ。
Commented by p-bluepaper at 2015-08-24 15:15
> time2022さん
こんにちは。暑いけどさっぱりしていて良い陽気です。
海風はどうなのかしら?
他人にはそうであって欲しいです。
本当の所はどうなのかしら?
ミーちゃんは隣の通いネコから成り下がって、本家の納屋に住みついちゃいました。
通ってくる男猫らが恐くて近寄れなくなってしまったんです。
おばあちゃんが朝晩ご飯を持っていきます。
(そんなことしなくても、お腹が空けば鳴いて来るんですけどね…、孫と一緒、甘やかしすぎ)

相関図リンク直しました。見られると思います。
Commented at 2015-08-24 23:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by p-bluepaper at 2015-08-25 07:38
> カギコメ ママさんへ
今どき、芸能人の母娘関係の本がたくさん出版されていますね。
みなさん、母、娘共に深く悩んできたのでしょうな。
ママさんもそうだしたか。
経験談を聞くと悩んだ時の選択肢がひろがります。
カチカチに固まった価値観や自分のルールが広がる事は肩の力が抜けて嬉しいです。
いつもここぞと言う時にコメントありがとうね。
うちの場合、この猫たちかな…。
手作りかな…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by p-bluepaper | 2015-08-24 06:14 | Trackback | Comments(10)