スキャンカットその後

f0280898_13562362.jpg
自作データでカットしてみました。
カード作りの準備。


取説を初めの少しを読みました
なんとなく理解できたので見切り発車です。





画像をスキャンして輪郭をカットする操作をしました。

↓↓↓

①ボールペンは細すぎて認識せず(理由不明?)
②薄い印刷物も認識せず
③やっと認識しても、紙の裏の印刷まで拾ってたりする
④ペンで引いた線の手の揺れ、線の揺れまでひろってる(当たり前だが)
 定規で引いたにも関わらずギザギザなのだ。
 対策⇒輪郭を1ミリでもつけるとなだらかになりそう…(未確認)
⑤試し切りを省くと、カットできなかったり、切れすぎたり
⑥粘着シートの粘着がすぐに弱くなる。
 消耗品と考えよ?高いので毎回、幅広のマステで掃除をして透明フィルムを密着させ保管。
⑦用紙サイズの認識が無く紙からはみ出すので粘着シートの升目を見ておおよそを判断した。
マニュアルで追えば何とかなるものがあるだろう。



⑧用意されたカットデーターは見事にきれいにカットできる。


↓↓↓

とりあえず動作はおおよそ分かったので、次なる目標。
自分で設計したカットデータを作れるようにしたい。
ステンシルシートを作りたい。

以上です。使いこなす近道はやっぱり取説熟読だよね…
面倒くさがってたらアカン。



[PR]
トラックバックURL : https://pbluepaper.exblog.jp/tb/30010724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by p-bluepaper | 2018-08-25 09:00 | Trackback | Comments(0)

猫、草花、他


by おかき
画像一覧
更新通知を受け取る